アイスプラントのここが素晴らしい!

アイスプラント

アイスプラントという植物を知っていますか?

 

近頃ではスーパーマーケットの野菜コーナーでお目に掛かることがありますね。

 

でも、まだ際立った存在として知られていません。

 

 

 

このアイスプラント、とても神秘的な植物です。

 

外見は緑色の葉と茎に、透明無色の光まばゆく水滴のようなものが親密についています。

 

はじめて目にした際は正直、食料素材になるとは到底思えませんでした。

 

 

 

このサイトでは、グラシトールという名のアイスプラントサプリメントを紹介してますが、

 

アイスプラントは野菜として食べても、とても美味しいものなんです。

 

アイスプラントを初めて食べてみた時の感想

 

生のままアイスプラントをトライしてみたことがあります。

 

まず食感が他の野菜に類を見ません。

 

表面の水滴のようなものがプチプチ♪としています。

 

葉はやや固めで、シャキシャキ♪しています。

 

 

 

塩分を含んでいるのかと勘違いするほど、確かな塩気があります。

 

見た感じも風味も、今までこれまでなかった野菜にビックリしたのを覚えています。

 

 

アイスプラントの栄養成分について

 

アイスプラント

 

外見とお味も素晴らしいアイスプラントですが、もっと凄いのはその栄養素です。

 

βカロテンはブロッコリーと並ぶほど含まれています。

 

塩気があると先ほど説明しましたが、含まれる塩分の量はごく微量ですので、そう気掛かりにするほどの量じゃありません。

 

この他にもミネラルやビタミンも含まれています。

 

カロリーは100g当たり8kcalですので、カロリー摂取量を気にする方にも、オススメできる野菜です。

 

 

アイスプラントのここが凄い!

 

アイスプラント
↑アイスプラントの花です。

 

さらに特筆すべきなのは、ミオイノシトールピニトールという成分を含んでいることです。

 

ミオイノシトールは、主に細胞の中に備わっていて、神経の正常な働きを保つためには欠かせない成分です。

 

また中性脂肪を抑制する効果があり、動脈硬化などにも効果があるされています。

 

 

 

ピニトールは、ミオイノシトールとともに細胞のなかにすでにある成分です。

 

脂肪の動向を活性化し、代謝をよくする働きがあります。

 

またピニトールは植物性のインスリンとも呼ばれています。

 

血糖値を下げる効果があるんです。

 

肝機能を円滑にしたり、白内障の予防にも有効であると言われています。

 

また、生活習慣病に対しても有効である野菜として近年注目を集めています。

 

 

ピニトールサプリ・グラシトールの紹介ページはこちらです。